読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

夏は速乾性下着が快適、しかも旅行にも便利。今までは上だけでした

海外旅行 買ってよかった、お薦め

f:id:freedomkazu:20160809174149j:plain

 

夏は大量の汗

夏に下着を着る人と着ない人いますが
私は下着を着ています
吸湿速乾性の下着用Tシャツ
若い頃はワイシャツだけでした
しかし下着(Tシャツ)を着ると快適
汗をかくとワイシャツだけではワイシャツが汗で濡れて不快
しかも汗が乾きにくい
吸湿速乾性のTシャツは汗を吸収し乾きやすい
吸湿速乾性の素材は化学繊維
 

今年新たに購入したTシャツの素材表示。ポリエステル

f:id:freedomkazu:20160809174439j:plain

最新の素材で付加価値が多い
吸湿性、速乾性、消臭等
そして汗で濡れた時の肌触りが化繊の方が気持ちよい
 
綿素材はドライの状態はよいが汗で濡れると肌に張り付き気持ち悪い
そして濡れると乾きにくい
このように一度吸湿速乾性の下着を着てしまうとその快適さから夏でも着ないと気持ち悪い
 
しかし下のパンツだけはずーっと綿パンツのままだった(笑)
汗をかくのは上半身だけではありません
本当に暑い時にはパンツも汗で濡れてしまいます
 

今年はパンツも吸湿速乾性のものを購入しました

やはり綿に比べ汗を書いた時のさらっと感が違い快適
 
今回購入したパンツの素材表示。ポリエステル

f:id:freedomkazu:20160809174358j:plain

 
今回購入したパンツの生地。編み方も独特で肌に張り付きにくく濡れても快適

f:id:freedomkazu:20160809174710j:plain

 

そして旅行にも便利

ある程度の長期旅行になるといかに荷物を減らすか
ここで大きいのが衣類
以前の1週間程度の旅行では1週間分の衣類を持って行きました
行き先は暑い国なので1週間でもまだ量はそれほどでもありませんが
しかしこれが2週間、3週間となったら
そんなに持っていけません
 
長期になると洗うのが基本
現地でクリーニング、ランドリー、自分で洗う
 
ホテルのサービスでランドリー、クリーニングがあります
また街中にもランドリーサービスがあります
これをうまく利用しつつ可能なものは自分で洗う
特に小さな下着、靴下は自分で洗濯してももそれほど苦になりません
今まではパンツのみ綿素材でしたのでいくら小さくても乾きにくかった
これが今回購入したきっかけ
今回買った吸湿速乾性はやはり乾きが早い
まー当たり前ですが(笑)
ホテルであれば絞って部屋に置いておけばエアコンで乾きます
エアコンは冷却と同時に除湿効果もあるので乾きが早い
靴下は綿ですが小さいのでなんとか乾きます
下着、靴下は3枚づつ持って行きます
着ているものを含めて4つを洗ってローテーション
上着もランドリーか自分で洗う前提で最小限を持って行きます
 
色は黒かグレー
下着は白というのが1つにはありますが何のメリットもない
白は黄ばみやすい
生地が傷むより先に黄ばんで寿命になる
 
夏は下着で快適さが変わります
特に綿の下着より高いこともなく
一番傷むので買い換える頻度も高い
夏は吸湿速乾性の下着が快適でお薦めです
旅行用にも便利
 

当たり前のことが意外に見えない

夏の下着、吸湿速乾性のTシャツはもうかなり長いですが、パンツは綿のままでした
逆になぜ今までパンツを綿のままだったのが自分でも不思議
先日書いたGoogleマップの経路のバスもそうですが、何か思い込みというか経験が邪魔をして当たり前のことが見えなかったりします
 
・旅行はスマホが登場する前からの長い経験があり当時はやはりバスは難しかった
・汗をかくのは主に上半身
 
これは2つの例ですが他にも見えていないものがあると思います
もっとフラットに考えないとダメですね(汗)
 
 

follow us in feedly