読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

クレジットカードを見直し。プライオリティパス目的の2枚、楽天プレミアム、アメックスゴールドを解約

海外旅行 クレジットカード

f:id:freedomkazu:20160621131904j:plain

 

プライオリティパスとは

世界の空港ラウンジが無料で使えます
 
プライオリティパスの種類と年会費
3種類あります
 
カード名称          年会費    本人利用料          同行者利用料
スタンダード会員         99ドル    27ドル            27ドル
スタンダードプラス会員    249ドル    27ドル(10回まで無料)    27ドル
プレステージ会員       399ドル    無料             27ドル
 

このプライオリティパスを安く作るために作ったカード2枚

楽天プレミアムカード
このカードの最大のメリットはプライオリティパスが無料で作れる
しかもプレステージ会員
これで空港ラウンジが無料で使えます
プライオリティパスのプレステージ会員年会費399ドル(約¥41500)が無料
これが楽天プレミアムの年会費¥10800で作れるんです
これが最大のメリットで他はプレミアムにしては特典で大したものがない
ポイント還元率もシルバーと同じ1%
 
アメックスゴールド
これはキャンペーンで初年度年会費無料だった
翌年から年会費¥31320
プライオリティパスは無料ですがスタンダード会員
年会費無料で本人利用料が年2回無料
全て無料ですが、スタンダード会員で年2回しか無料でないのがネック
よってプライオリティパスは楽天プレミアムカードで作りました
アメックスゴールドで使える空港ラウンジもあります
その他
特典がめちゃくちゃ多い
しかし自分で使えそうな特典は1つ
手荷物無料宅配サービス
海外旅行の際、自宅―空港間の往復を、カード会員本人のスーツケース1個を無料で配送
年間の回数制限なし
 

1年間使ってみた結果

羽田空港はプライオリティパス対応ラウンジ無し
アメックスゴールドで入れるラウンジはありました
成田はありますが使ったこと無し
海外で2-3回程度利用
結果、思ったほど使わなかった
 

あまり使わなかった理由は

ラウンジ利用は慣れが必要
たまに行く海外旅行ではラウンジの利用を忘れる
空港毎に場所を調べ覚える必要あり
余裕時間により使える時間がないことも
 
対応空港は欧米がメイン
東アジアでなんとか
東南アジアは少ない
 
今まで避けてきたLCCを使い始めた
なんとなく抵抗のあったLCCを1度はと使ってみた結果、デメリットを理解して使えば快適
以降LCCがメインとなる
格安のLCCと高級ラウンジはバランスが悪い
 
と私の場合、結果あまり使わなかった
ラウンジを使わなくても不便はほとんどない
私の利用想定では乗り継ぎの長時間待ち以外にラウンジを使いたい理由がない
直行便の移動がほとんどなので乗り継ぎを使うことがあまりありません
 
よって2年目の有料年会費を避ける為、2枚共に解約
 

アメックスの手荷物無料宅配サービス

これは電車で行く羽田空港には大変便利なサービス
 
電車や空港内で邪魔なスーツケースがないのはとても快適です
 
この特典はアメックスのグリーンカードにも付きます
年会費¥12960
私の茨城県から羽田空港の往復がヤマト運輸の空港宅急便で¥3256
年間4回で年会費と同じ
海外旅行、海外出張の多い人にはお得です
グリーンカードも初年度年会費無料キャンペーンをやっていますので1年だけ使うのもあり
特典条件はゴールドと同じ
海外旅行の際、自宅―空港間の往復を、カード会員本人のスーツケース1個を無料で配送
年間の回数制限なし
 
2枚を解約し現在は、元々のクレジットカード2枚と追加の2枚の合計4枚体制
 

私がクレジットカードを使うメリット

大きく2つ
・ポイント還元
・海外旅行保険
条件は年会費無料
 
4枚の内訳 
メインはREXカード(ジャックスカード)
ポイント還元率1.5%
1500Pを¥1500交換
交換した金額が請求金額から差し引かれて請求となる
つまり現金還元と同じ
 
欠点は利用上限額が最大70万円と少ない
初期は確か40万円位と少ない
上限額の変更を申請し審査を通れば最大70万円になります
他のカードは上限100万円が多い
利用限度額は1ヶ月の利用金額ではありません
クレジッットカードを利用し、1ヶ月の締め後、翌月に銀行から引き落とし
つまり約2ヶ月分が利用限度額となります
利用し支払われていない金額の合計が利用限度額なんです
店舗とクレジットカード会社の関係で利用月に請求とならず1ヶ月遅れることもあります
これも考慮すると2ヶ月以上3ヶ月未満の利用料の合計となります
よって高額の出費が重なると40万あるいは70万では限度額に達し利用不可となることが何回かありました
 
これが最大の欠点
よってサブカードは必須なんです
 

サブが楽天カード

楽天カードは複数所持不可
楽天シルバーカードを持っていました
楽天プレミアムカードの申込でシルバーは自動解約となりました
今回プレミアムカードを解約するにあたってシルバーは作りたかった
電話で解約時に聞いてみるとプレミアムからシルバーに切り替え可能とのこと
つまり電話1本でカードが届きます(1週間程度)
煩わしい申し込み手続きは不要
 
楽天シルバーカードもポイント1%還元で良いです
 

 

その他に作ったカード

NTTグループカード
WEB明細で年会費無料
これはインタネットプロバイダーをエキサイトに切り替えた為、このカードで支払うと¥200×24ヶ月キャッシュバック特典のみで利用
 
エポスカード
海外旅行保険最強カード
永年年会費無料
リボ専用カード
このカードは未使用で海外旅行保険の為に作成
リボ専用カードは通常払いと同じように裏技で変更はできます
月額支払い金額を通常は1万円とか2万円にしますが、これを20万円とかにするのです
月額利用料は合計10万とか20万円になると思います
その月額合計利用料以上に月の支払額にしておけば1回で完済するのでリボ払いの分割手数料を回避することができます
私は使わない予定ですが、使った時に手数料が発生するとアホくさいので月額支払いを20万円にしています
 

海外旅行保険付帯のクレジットカードの注意点

利用付帯と自動付帯
利用付帯
これは海外旅行ツアー又は航空券をクレジットカードで支払った時に保険対象となる
自動付帯
費用をクレジットカードで支払わなくても保険対象となる
 
エポスカードとREXカードのVisaは自動付帯です
楽天シルバーカードにも海外旅行保険が付きますが残念、利用付帯です
 
 

 
過去記事
follow us in feedly