読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

エアアジア乗継便でスコータイへ。托鉢で一休さんを思い出す。ナイトマーケットの意味がわかりました

海外旅行

f:id:freedomkazu:20160608092416j:plain

 

スコータイ王朝の遺跡を見にスコータイへ

スコータイへはバンコクスワンナプーム空港からバンコクエアウェイズか
ドンムアン空港からエアアジア
私は安いエアアジアで
エアアジアはスコータイへの就航はないですが
手前のピッサヌローク空港でそこからバスで1.5時間という乗継便(飛行機+バス)があります
エアアジアは直行便が無い場合、バスとセットの乗継便が他の路線もあります
今回バスとセットの乗継を初めて使いました
 

2016/05/21バンコクからスコータイへ

ドンムアン空港
T2がドメスティック
T1はインターナショナル
AM5:37空港T2着
セルフCI
5:47カウンターで荷物預け
サブウェイで朝食
6:38セキュリティチェック
7:40搭乗開始
バンコクは曇り

f:id:freedomkazu:20160608092305j:plain

8:07出発
この路線は人気なく席は6割位
8:15滑走路の順番待ち
この時間はフライトが多いのか5-6機程待つ
8:22やっと順番、離陸
8:59ピッサヌローク空港に着陸、フライト時間は実質40分
9:10降機
こちらは快晴

f:id:freedomkazu:20160608092349j:plain

ピッサヌローク空港

f:id:freedomkazu:20160608092359j:plain

9:13荷物はめちゃ早い
9:15出口に乗り継ぎの案内スタッフが居ました
9:18バスは大型を想像していましたがハイエースでした
客は2組3人のみ
9:20出発
10:35途中スコータイのエアアジアの営業所に寄る
10:53レゲンハスコータイリゾートホテル着
 
タランブリリゾートがエアアジアのバスの到着所になっています

 
私の予約したホテルはすぐ近くのレゲンハスコータイリゾートホテルだったので私のホテルで止まってくれました

f:id:freedomkazu:20160608092456j:plain

 
飛行機40分
バスで1時間半
片道¥4900(預け荷物含む)
到着時間も含めて安くて不満のない移動でした
 
到着時間が早いので
10:57にCI手続きは完了しましたが部屋は13時から
スコータイ様式の建物で雰囲気のある良い感じのホテルです
 
11:19-12:55レストランで早めの昼食
時間になったのでキーを受け取り部屋へ

f:id:freedomkazu:20160608092538j:plain

f:id:freedomkazu:20160608092551j:plain

www.agoda.com

 

3泊4日の中2日で観光予定でしたが

到着日の午後からスコータイ歴史公園を観光できてしまいました
2日目にシーサッチャナライ歴史公園を観光と見たかった2ヶ所を2日目で見れてしまった
もう1つカムペーンペッ歴史公園があります
日程的には3日目が余ったので見ることができましたがスコータイの遺跡は他と比べ修復が少なくメインはスコータイ歴史公園
シーサッチャナライ歴史公園とカムペーンペッ歴史公園は同規模でどちらか1つ見れば良いかなという感じ
アンコールワットから連日の観光でかなり歩き疲れました
天気にも恵まれて暑く体力の消耗も激しい
よって3日目はホテルでのんびりしました
ホテルのベランダから、こんなに良い天気

f:id:freedomkazu:20160608092611j:plain

 

遺跡以外

本当に田舎なんです
ホテル前の通りがスコータイ歴史公園につながるメインの通り
この通りでも雑貨屋が数件あるのみ
レストランや飲み屋は皆無
トュクトュクやソンテウの流しも走っていない
走っているのは一般車のみ
ソンテウはホテルに1台あったがドライバーはおらず乗ることができない
徒歩で歴史公園まで歩くと近くにやっとトュクトュクが止まっている
よって飲食は必然的にホテル内
 
本当に何もなく移動は徒歩
観光後、帰路のホテル近くでナイトマーケットを発見
バンコクにもあるので知っていました
露天商が集まった市場
服、雑貨、料理と何でもあります
バンコクは近代都市で大型ショッピングモールやデパート等が沢山あります
そこにナイトマーケットはあまりピンとこなかったのですがスコータイで見て初めてその価値がわかりました
 
何もない町だからナイトマーケットがショッピングモールと同じ利便性がある
しかもショッピングモールやデパートでは高いテナント料がかかるので料金も高め
リーズナブルな価格でショッピングモールの利便性
だから現在でもバンコクにも存在する
 
何もない田舎では唯一の市場、ナイトマーケット
 

2016/05/24帰路バンコクへ

5:55フロントまだ誰も居ない
6:00朝食、今日は客が少ないようでビュッフェではなくオーダー
6:20フロントに戻りCO
トゥクトゥク50B、フロントで呼んでくれました
6:23外で待っていると托鉢のお坊さん
初めて見ました
托鉢は昔アニメで見た一休さんしか知りませんが現在でもタイでは托鉢を行っているんです
小さい子もいて本当に一休さんそのままです

f:id:freedomkazu:20160608092633j:plain

スコータイのトゥクトゥク

f:id:freedomkazu:20160608092723j:plain

6:26トゥクトゥク出発
6:31タランブリーリゾート着
トゥクトゥクでも5分かかる、やはり歩いたら遠かった
入り口にAirAsiaの看板があります

f:id:freedomkazu:20160608092749j:plain

中にはAirAsiaのハイエースがある

f:id:freedomkazu:20160608092801j:plain

このホテルがAirAsiaの起点になっています
他のホテルからもバスが来て集まってきました

f:id:freedomkazu:20160608092834j:plain

6:52バス乗車
帰路は打って変わってほぼ満車
7:00定刻出発
7:14AirAsiaの営業所に寄る
ここで2人乗せて満車
 
8:38ピッサヌローク空港着
既に出発迄1時間切ってる
8:44カウンターでCI
出発2Fへ
8:50セキュリティチェック
2Fゲートは3と4のみ
9:21搭乗開始
9:30搭乗
9:40出発
9:53離陸
10:30ドンムアン空港着陸
10:43降機
10:55空港着
11:03荷物が早い、すぐにきた
国内線でイミグレはないのでそのまま出口と早い
 
AirAsia帰路、片道¥4700(預け荷物含む)
帰路も往路の逆になるだけで不満のない移動でした
 
スコータイはのんびりしたのどかな良い町です
follow us in feedly