読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

マイルの無料航空券は本当にお得か調べてみた。その結果は

海外旅行 クレジットカード

f:id:freedomkazu:20160406084627j:plain

 

現在貯まっているマイルはANAマイレージ

今日現在14712マイル
有効期限3年
一番古いマイルが2017年5月末で有効期限切れ
マイル加算
ANAだけでなく提携航空会社(スター アライアンス加盟)の利用でもマイルが貯まります
しかし注意が必要です
正規航空券はマイルが加算されますが格安航空券は対象外であったり、マイル加算が100%以下の制約があったりします
 

無料航空券に必要なマイル

私が利用する場所は、アジア2(Zone4)
9ヶ国
シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、 ハノイ、 クアラルンプール
時期により必要マイル数が変わります
【シーズンチャート】
L(ローシーズン)30,000
R(レギュラーシーズン)35,000
H(ハイシーズン)38,000
 
ローシーズンでも3万マイル必要なので後1年で15300マイルが必要
LCCを使いようになったこともありフライトでのマイル積算はほぼ無理
 
よってクレジットカードのポイント交換を検討する
クレジットカードはメインが1枚、サブが1枚
たまに利用するのが1枚
全てANAマイルに交換可能
 

クレジットカードにより交換レートが違う

メインカード
JACCSカード(REXカード)
REXポイントはANAマイルに交換可能
1500P→300マイル
レートは悪く1/5でメリットなし
Jデポなら1500P→¥1500
クレジットカード支払額からJデポの金額を差し引いて請求
つまり現金還元とほぼ同じ
3/15現在32580P(有効期限2017/9/11)
 
サブカード
楽天カード
楽天ポイントも2P→1マイルに交換できる
1/2でまだマシ
楽天ショッピング1P→¥1で利用可能
 
たまに使うオリコカード
オリコポイントもANAマイルに交換可能になった
1000P→600マイル
6/10で1/2の楽天とほぼ同じ
Amazonギフト券が良い
500P→¥500
Amazonは使用頻度が高いので有効
 

ポイント交換まとめ

クレジットカードのポイント交換レートは1/2か1/5
各クレジットカードでは現金またはショッピングで1Pを1円で使用できる
これに対しマイルは交換レートの良いクレジットカードで1/2、3万マイルには6万ポイント=6万円相当がかかる
この6万円というのがローシーズン時の格安航空券の価格と同じ位の金額です
3万マイル=6万円の価値
 

LCCの価格

ローシーズン時のAirAsiaで1.5万円〜2万円
手荷物他で5000円プラスで片道2万円〜2.5万円
往復約4万円〜5万円
 
過去記事
マイルの無料航空券も無料でいけるわけではありません
マイル使用で無料航空券の発券時に空港使用料、サーチャージ、保険他で約1万円程度かかります
 
メインのジャックスカードは交換レートが悪く交換メリットがない
楽天、オリコカードがましで6万円相当のポイトでマイルに交換が現実的
しかしサブカードなので合計しても3000ポイントしかない
よって後1年で15300マイル=30600ポイントはかなり厳しい
しかも無料航空券7万円かかるのに対しAirAsiaでは5万円以下で行ける
 
無料航空券はこんなデメリットも
無料航空券を使ってきた経験から、席数が少なく予約が取りにくい
想定1便に5-10席程度と思います
 

検討した結果

LCCがある現在では、やはりマイルの無料航空券は、他のポイント移行では高くメリットが無い
ANAのマイルは航空券には使わず、期限時に商品に交換しようと思います
 
これは私の利用条件の場合です
・旅行先がアジア圏
・航空券の購入は格安航空券かLCC
・クレジットカードが上記の3社
(他に交換レートの良いクレジットカードはあるかもしれません)
 
このような方にはマイルのメリットがあると思います
・正規航空券の利用が多い
・旅行先が遠距離のアメリカやヨーロッパ
 

過去記事 

blog.daisuki.jp.net

follow us in feedly