読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

初のギリトラワンガン、夜は晴れて綺麗な星空が見れて最高!三脚は持ってきて正解だった。

海外旅行

f:id:freedomkazu:20160401160545j:plain

 

2016/3/3バリ島から高速ボートでギリトラワンガンに移動

今日は雲は多いが晴れて気持ち良い天気
 
13:35バリ島パダンバイを出航、ギリトラワンガンまで2時間の予定
 
旅行会社は違いますがパダンバイの桟橋の場所はここ

 
15:40ギリトラワンガン着、予定通り
 
綺麗なビーチです

f:id:freedomkazu:20160401160518j:plain

f:id:freedomkazu:20160401160545j:plain

 

ここに着きます

 
やはり情報通り桟橋無しでビーチに上陸
船首から降ります

f:id:freedomkazu:20160401160627j:plain

下船はこんな感じ

f:id:freedomkazu:20160401160646j:plain

これが危険な受け取り、これをやると海に落とすことも

f:id:freedomkazu:20160401160708j:plain

私は砂浜でおとなしく待ってました

スタッフがスーツケースを下ろし砂浜まで運んでくれるので、自分荷物がわかった時点で受け取りました
荷物を濡らすことはなく無事に済みました
砂浜なのでそのまま持って道路まで一気に運ぶ
 
トイレを済ませ、ホテルに移動
ギリトラワンガンはのどかな島で自動車、バイクは一切ありません
エンジン付きはボートのみ
 
移動は馬車
15:46馬車に乗る、5万ルピア
めちゃ近いのに高い
こんな距離です

f:id:freedomkazu:20160401161041j:plain

タクシーより高いです
まー選択の余地はないのでOK
 
馬車はこんな感じ

f:id:freedomkazu:20160401161110j:plain

前に荷物を運ぶ馬車、なんとものどか

f:id:freedomkazu:20160401161121j:plain

15:51ホテル着、所要時間5分

ホテルのフロント

f:id:freedomkazu:20160401161541j:plain

ホテルのCIは簡単、バウチャー見せて終わり
パスポートの提示も、記帳もない
 
安いホテルなので、部屋は島にありがちの長屋タイプ
無料Wi-Fiはあります
部屋に入るとエアコンはある
部屋の真ん中にベットで両サイドにベッドサイドテーブルのみとめちゃシンプル

f:id:freedomkazu:20160401161155j:plain

左側のベッドサイドテーブルにセーフティボックスはある

f:id:freedomkazu:20160401161219j:plain

奥に洗面所、シャワー、トイレが一室

f:id:freedomkazu:20160401161245j:plain

f:id:freedomkazu:20160401161254j:plain

入り口に少し広めのテラスがあり、物干し台があり服を乾かせるようになっている

f:id:freedomkazu:20160401161641j:plain

 
テラスがあるのでテーブルがないのは良しとして冷蔵庫無しは残念
 
荷物を広げたは良いが物を置くとこも、服をかけるとこも一切ありません
ダブルベットなので使わない半分に物を置くしかない(笑)
 
1時間後、買い出し
本当にのどかなところです

f:id:freedomkazu:20160401161342j:plain

f:id:freedomkazu:20160401161352j:plain

徒歩1分とすぐ近くに食堂兼の雑貨屋発見
ここで欲しいものが全て買えました
しかも1本入った路地の立地なので安い

f:id:freedomkazu:20160401161411j:plain

帰路、自転車レンタルが安く便利です

f:id:freedomkazu:20160401161450j:plain

猫も気持ち良くお昼寝

f:id:freedomkazu:20160401161500j:plain

ホテル前のベンチ、写真を取れとピースサインされたので1枚

f:id:freedomkazu:20160401161619j:plain

 
17:15帰宅
テラスでは蚊が多く、蚊取り線香は必須

f:id:freedomkazu:20160401161709j:plain

蚊取線香、ティッシュ、アイス、ビール小瓶2本、合計78000ルピア約¥780

f:id:freedomkazu:20160401161718j:plain

ビールは冷蔵庫がないので飲む分を買うしかない
テラスでビール飲みながらまったり
向かいの長屋。間に植物があり目と目が合わないので良い(笑)

f:id:freedomkazu:20160401161820j:plain

一番奥の部屋なので端から右を見ると3部屋のテラスが見える

f:id:freedomkazu:20160401161853j:plain

 

今回の初めてのSIMの使い勝手

ギリトラワンガンも3Gだか快適に使える
バリ島は4Gで快適
ジャカルタも4Gで快適
ジョグジャカルタだけ回線悪く使いにくかった
これなら十分使えるSIMです

18:18部屋を出て、村を散策

と言ってもメインのビーチロード

f:id:freedomkazu:20160401162009j:plain

猫が多いです

f:id:freedomkazu:20160401162022j:plain

ダイブショップを兼ねたホテルが多い

f:id:freedomkazu:20160401162028j:plain

f:id:freedomkazu:20160401162037j:plain

ビーチに出てみる

小さい島なので、徒歩ですぐにビーチにこれるのは良いです

f:id:freedomkazu:20160401162056j:plain

雲がかなり多い

f:id:freedomkazu:20160401162132j:plain

f:id:freedomkazu:20160401162107j:plain

f:id:freedomkazu:20160401162203j:plain

またビーチ通りに戻る

f:id:freedomkazu:20160401162220j:plain

これがビーチ通り

f:id:freedomkazu:20160401162236j:plain

f:id:freedomkazu:20160401162247j:plain

 
時間も丁度よく良さそうなレストランに入る 
19:00ビーチ沿いのレストランで夕食
イタリアンレストランと同じで前菜のパンといつものトマトのソースが出て来てgood
ビンタンビール小瓶
 
アヤムSUIR-SUIR
アヤム(鳥)のピリ辛炒め
これがめちゃ美味しい

f:id:freedomkazu:20160401162307j:plain

アイス3カップ

f:id:freedomkazu:20160401162334j:plain

19:51会計95000ルピアとやはり現地料理は安い
ここは気に入ったので名前を確認
Bambooレストラン

f:id:freedomkazu:20160401162351j:plain

残念ながらギリトラワンガンは田舎なのでレストランも多く、グーグルマップにはありませんでしたが、下記リンクの目の前ビーチ側です

通りに出ると、夜は雲が取れ晴れてきて星空が綺麗
 

20:05帰宅。星空を撮影してみる

 
ISO3200,F2,2秒

f:id:freedomkazu:20160401162428j:plain

ISO3200,F2,4秒

f:id:freedomkazu:20160401162438j:plain

 

ISO3200,F2,2秒 

f:id:freedomkazu:20160401162658j:plain

ISO3200,F2,4秒

f:id:freedomkazu:20160401162707j:plain

 

ISO3200,F2,2秒

f:id:freedomkazu:20160401162729j:plain

ISO3200,F2,4秒

f:id:freedomkazu:20160401162737j:plain

 

ISO6400,F2,1秒

f:id:freedomkazu:20160401162757j:plain

 

ISO6400,F2,1秒

f:id:freedomkazu:20160401162807j:plain

ISO3200,F2,4秒

f:id:freedomkazu:20160401162906j:plain

 

ISO3200,F2.5,3.2秒 

f:id:freedomkazu:20160401173214j:plain

 

ISO3200,F2.8,3.2秒 

f:id:freedomkazu:20160401163443j:plain

 

とても明るく星が綺麗でした

空気が澄んで綺麗だからでしょうか

しかし上空の雲の流れが速く、4秒では必ず雲が入ってしまいました

こんな綺麗な星を見たのはかなり久しぶり

もう20年ぶり位になるかな

ダイビングをしていた頃に船の上から見たオーストラリアの星空

渓流釣りをしていた頃に山で見た星空

 

しかし星の写真はデジカメでは初めてです(笑)

なんとか昔のカメラの知識で撮ってみました

こんなこともあろうかと三脚は持ってきてます

 

撮影の仕方、参考までに

カメラは一眼レフではなくコンデジ(一眼レフは持ってません)

キャノンPowerShot G5X

 

撮影モードはM(マニュアル露出)

絞りは開放で一番明るいF値(小さい)

ISOはオート

フォーカスはMF(マニュアルフォーカス)

シャッターはセルフタイマー2秒

これはシャッター押下時のブレを防ぐため

レリーズがあれば使ったほうが良いです

三脚を使用

カメラを上を向けるのでモニターはバリアングルかチルト式が見やすい

固定タイプのモニターでも三脚で高さがあるので下から見ることはできます

フォーカスはMFで遠距離側の端、無限遠にセット

星空を見てカメラの位置をモニターを見ながら合わせる

準備はここまで

 

撮影

モードをPに切替、シャッター半押しでAEしシャッタースピードを確認

モードをMに戻し

AE通り1秒で撮影

これを基準に最初はテストで明るさ変え複数撮影

以降シャッタースピードを2、4、8、15、30秒

星の明るさでは30秒も良かったですが、雲の流れが速く雲でかなり白っぽくなるので星の明るさと雲のバランスで4秒迄を決める

 

テスト時の30秒

等級の大きい暗い星も明るく写りますが、今回は雲がかなり流れており雲で全体が白くなりぼやけてしまう

f:id:freedomkazu:20160401171702j:plain

以降は同じ場所で雲の流れを見ながら1、2、4秒を撮影

4秒でもほぼ全て雲が入ってしまいました

最後の場所のタイミングでやっとほぼ雲の入らなかった最長の3.2秒の露光ができた感じです

これ以降は雲が多くなり断念

 

三脚 

普段は基本手持ちですが、夜の撮影には三脚は必要です

丈夫さと軽さのバランスが一番重要です

安く軽い三脚はブレてしまいます

かといって丈夫なものは価格が高く重くなります

他には使い勝手としての高さ、最大搭載重量、ローアングルと価格を総合的に見て一番良かったのが下記です

雲台も付いています

3WAYのレバー式と自由雲台の2種があります

私は3WAYのレバー式が慣れていて使いやすいので3WAYを購入しました

自由雲台は軽く安いです。ワンタッチで全てを操作できるのが使いやすい人もいます

私は逆にどこにでも向いてしまうので使いにくいんです 

現物は店頭で確認していたので購入してみても軽さと丈夫さのバランスが良いです

高さもあるので腰を曲げる必要もなく見やすい

マクロ撮影で使いやすいローアングルも可能です

専用のケースも付属します

足の上部にスポンジが巻いてあるのも特徴で、冬でも金属を握って冷たさを感じることもなくクッションにもなり持ちやすいです

www.slik.co.jp

 

follow us in feedly