読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

航空券の手配(LCCと格安航空券の使い分け)。ビジネスクラスも視野に入れる。成田と羽田の使い分け

海外旅行 チャレンジ

f:id:freedomkazu:20160201154428j:plain

 

航空券の手配

LCCは使い始めて間もないので自分でも使い分けをするためにまとめてみた
条件は東京発、東南アジア行き
東京は羽田と成田
東南アジアは温暖で海が綺麗、物価が安く、移動時間も6-7時間と丁度良い
 

航空運賃の基準としてLCCの運賃

エアアジアはマレーシア、クアラルンプールが拠点
エアアジアXは長距離路線、マレーシア、クアラルンプールが拠点
ジェットスターはオーストラリア、メルボルンが拠点
ジェットスターアジアがシンガポール拠点
 
よって東南アジアではエアアジアXとジェットスターアジアの比較になる
エアアジアXは東京に就航しているがジェットスターアジアは東京への就航がない
よってエアアジアXを基準とする
 
東南アジアはエアアジアXのHND-KUL片道¥22000が一つの基準となる
(預け荷物は別途料金)
深夜便1便のみだが価格は比較的安定している
日程に余裕があれば羽田-クアラルンプールが安く良い
事例最安値2/22月¥22000、PFB¥39000、23:45発-6:30着
事例 高値2/21日¥22000、PFB¥59000、23:45発-6:30着
事例 高値2/20土¥27000、PFB¥59000、23:45発-6:30着
事例 高値2/19金¥22000、PFB¥69000、23:45発-6:30着
事例最高値2/18木¥45000、PFB¥69000、23:45発-6:30着
 

アプリは必ずチェック(2016/04/06追記)

私はパソコンが大画面で見やすいのでパソコンからAirAsiaのサイトで購入します
稀にエラーで購入できない時もありました
iPhoneアプリからは購入できました
近距離路線は1円程度の違い
しかし長距離路線はアプリのみのプロモーション価格がある
¥6800安い場合がありました
アプリの価格チェックはした方が思わぬ特価があることも
 
プロモーション価格の記事

blog.daisuki.jp.net

 

シート

エアアジアは追加座席を2席まで購入可能(AK、FD、QA、Z2、I5)
つまり最大3席分を独り占めできる
標準シート1席¥600
ホットシート1席¥1000
追加座席はウェブでチェックインする場合のみ、空席状況に応じて追加できる。
(12列目と14列目では追加座席利用不可)
 
PFBは中距離路線のエアバスA330にのみあるプレミアムフラットベッドシート
最前列から2列の12席のみ
レガシーキャリア(フルサービスの航空会社)のビジネスクラスに相当
 

格安航空券との使い分け

LCC¥22000×2=¥44000と預け荷物片道約¥5000で合計約¥54000が1つの目安
格安航空券の直行便の価格と比べる
どちらも時期や曜日により価格は変わるので都度確認
あとはフライトスケジュールがどちらが良いか
このバランスで決まる
達人になると機内持ち込み荷物7kg以内に荷物をまとめる人もいる
この場合、預け荷物の料金を気にする必要はない
私は7kg以内は無理ですし、そこまで料金をけちるつもりはないで20kg以内にまとめて20kg以内の預け荷物をオプション購入します
 

ビジネスクラスを考える

一度は自分のお金でビジネスクラスに乗ってみたいと思っていた
オーバーブッキングで過去に2回程ビジネスにアップグレードされました
これはキャンセルを見越して座席数より多く予約を受け付けるが予想外にキャンセルが少ないと座席が足りなくなりビジネスが空いていればアップグレードしてくれます
しかしビジネスも空きがなければ乗れずに、次の振替え便になります
振替え便も過去に2回ほどあります
オーバーブッキングと自分のミスで搭乗時間に間に合わなかった(笑)
 
格安航空券で一度調べたがエコノミー約6万円がビジネス20万
価格比3倍
これでは手が出なかったので断念
 
しかしLCCにもビジネスクラス相当があることを知る
エアアジアXでプレミアムフラットベッドシートと言います
価格差も小さく安い日にちなら2倍弱
片道¥39000(預け荷物込み)
特徴
・フラットベッド
・預け荷物40kg迄込み
・優先(チェックイン、搭乗、荷物受取)
・食事1回付き(エコノミーと同じ)
・枕と羽毛布団
・無料で日程変更(変更手数料は無料だが日にちにより運賃が違うので運賃差額は請求される)
この内容なら価格差を考慮してもかなり良い
しかもLCCは片道購入が基本なので片道だけPFBで片道エコノミーということもできる
 

エアアジアPFBにはないビジネスクラスのサービス

・ビジネスラウンジ

・テレビがないので映画、音楽、ゲームがない

・機内での酒、ソフトドリンクのサービス(機内販売で購入)

・ビジネス専用機内食

LCCらしく余計なサービスを省いて安くしています

 
比較例、ANAで正規航空券ビジネスクラス料金(3段階ある)
東京発(成田・羽田)、クアラルンプール行き
Value Plus    ¥234180、予約変更不可、払い戻し可能だが手数料あり
Flex Plus      ¥410180、予約変更可能、払い戻し可能だが手数料あり
Full Flex Plus¥521180、予約変更可能、払い戻し可能で手数料なし
正規運賃のビジネスクラスはこんなにします
上記のサービスがあることでこれだけの料金になります
制限付きの一番安いValue Plusでも5倍以上の料金!
これでは手が出ません
やはりレガシーキャリアでは格安航空券のエコノミーとなります
 

エアアジアのもう一つの長距離路線

タイ、バンコクへは成田発タイエアアジアXがある(朝便と深夜便の2便あり)
2014年9月1日 : バンコク/ドンムアン - 東京/成田・大阪/関西線 就航
フライト時間が良いので日程が短い場合は効率良い
格安航空券で5-6万が無い場合に有効
しかし曜日により価格変動が大きいのがネック
事例往路最安値2/26金¥27122、PFB¥39000、9:15発-14:05着
事例往路最高値2/22月¥49122、PFB¥69000、9:15発-14:05着
 
事例復路最安値3/7月¥22748、PFB¥34515、10:45発-19:00着
 
時期によりHND-KUL路線より安価もある(2016/04/06追記)
事例往路最安値5/16月¥14900、9:15発-13:50着 
事例復路最安値5/31火¥13230、10:45発-19:00着
 

インドネシアエアアジアXは東京には就航していない

長距離路線のエアアジアXはこの3社のみ
よって選択肢は
羽田から深夜便でクアラルンプール
成田から午前便でバンコク(深夜便もある)
 

クアラルンプールを拠点にし各国へ移動

エアアジアKLU発(事例2/23)
・バンコクドムアンDMK、¥2600、2時間10分
・カンボジアシェムリアップREP、¥2200、2時間、6:50発1便のみ
(マレーシア航空¥11900)
・ベトナムホーチミンSGN、¥2800、1時間55分
・ベトナムハノイHAN、¥5800、3時間5分(ハノイは一番北側で中国寄り)
(ベトナム航空¥12200)
・ラオスビエンチャンVTE、¥5500、2時間40分、7:40発1便のみ
・ミャンマーヤンゴンRGN、¥3600と¥4700の2便、2時間35分
・インドネシアジャカルタCGK、¥4700、2時間10分
・インドネシアバリ島DPS、¥4700、3時間、16:20発が一番早い便
※片道航空運賃のみの価格(預け荷物は別途料金)
このように自分で乗り継ぎ便のように使えば格安で行ける
 

現地に着いたらジェットスターも使えるが

SIN発、東南アジア各地行きもエアアジアより高くメリット無い
ジェットスターSIN発(事例2/23)
・バンコクBKK、¥5700、2時間25分
・カンボジアシェムリアップREP、¥12000、2時間20分、13:55発1便のみ
・ジャカルタCGK、¥4100、2時間
・バリ島DPS、¥5600、3時間、5:00と7:15発の2便のみ
※片道航空運賃のみの価格(預け荷物は別途料金)
 

現地航空券の比較、購入

トリップアドバイザーを使うと海外発の航空券を比較できます
またはエクスペディアも比較、購入できます
大抵はエアアジアが安いのでエアアジアのHPかアプリから購入しています
 

羽田と成田の違い

空港までの移動
私の茨城県(西南部)からだと成田空港が車で1.5時間から2時間
羽田空港迄は電車で手ぶら移動(荷物は宅配)時間は3時間
以前は電車と高速バスを使っていたが、スーツケースの宅配を知ってからは高速バスのメリットが確実に座れることだけになったので早い電車が良い
 
羽田と成田の料金の差はあまりない
しかしかなりの長期になると成田は駐車場代がかさむ
 
時間は成田が近くて早い、車なので待ち時間がない
 
羽田は深夜便があるのが特徴
しかし行きは良いが帰りも深夜便は空港泊か近くの温泉への宿泊となる
つまり都内の人には便利だが、1日か2日の日程のロスになる
 

エアアジアHPからPFBシート片道チケット購入

2/22から日程が空いたので安い日を探すと2/22のPFB料金が安かった

f:id:freedomkazu:20160201152534j:plain

ログインし選択、¥39000は空港使用税が含まれた料金、安い!

f:id:freedomkazu:20160201152825j:plain

シートを選択、PFBは事前座席指定が無料

この日は12席中3席が売れていた

1、2列の赤が最前列のPFB

f:id:freedomkazu:20160201153005j:plain

次が機内食が1食無料で付く、エコノミーと同じですが(笑)

深夜便なので軽いサンドイッチに

f:id:freedomkazu:20160201153231j:plain

預け荷物は40kgが含まれている

f:id:freedomkazu:20160201153417j:plain

支払い、クレジットカードの手数料が¥800かかる

(クレジットカード手数料はお店が支払っていて、利幅のあるところはその手数料も問題ないが、薄利で売っているところは手数料を別途請求してきますので普通です)

f:id:freedomkazu:20160201153541j:plain

 

 

この予約のフライト記事

blog.daisuki.jp.net

follow us in feedly