読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

球技音痴なんです

趣味 考え方

f:id:freedomkazu:20151119205946j:plain

 

遊びはなんでも、やりたいことはやってきました

しかし球技は全くのセンス無し
よって学生時代は辛かった
運動神経抜群というタイプではありませんが、球技以外は普通です
小学校から学生時代は授業や部活を含め球技が多い
定番の少年野球もあった
キャッチボールをしてもグローブで取り損ね顔面で受けることもあった
はたから見れば笑い事ですが、本人にすれば劣等感とかなりの落ち込み
しかし球技以外は普通なんですが
 
野球、サッカー、バレーボール、バスケットボール
この辺は授業でやりますが、何をやってもセンスなし
 

社会人になり定番のゴルフもやってみる

これまたセンスがない
社内の気楽な下手なメンバーではそれなりに楽しめました
しかし社外のメンバーも参加のコンペで、本コースはかなり迷惑をかける
パーティーに下手な奴がいると遅くなるので後ろの組に追いつかれる
これが辛い
ゴルフ場での自然の中でスポーツとしても爽快感は味わえました
これも2年でやらなくなる
 
テニスも興味があり、地元のサークルに入るがこれも上達が遅く断念
 
子供の頃から好きでやっている地元の友人は大人になっても草野球をやっていたりサッカーをやっていたりします
これは球技が苦手な私からは羨ましいです
しかしその分交際範囲や行動範囲は狭い気がします
私は球技が苦手だったことと、好奇心旺盛でそれを1人でも実行することが幸いし交際範囲や行動範囲は広がりました
 

新しいことに1人で参加すると、そこで知り合った人が友達になります

同じことに興味があるのですから自然とそうなります
ウインドサーフィンを始めた時、今回のタイトルにした球技の話が出て
人によっては球技はなんでもそつなくこなすタイプ
大きな球(バレーボール、バスケットボール、サッカー)は苦手な人
小さな球(野球、ゴルフ、テニス)は苦手な人
やはり人によりいろいろあるなと少し安心
しかし私のように球技全て苦手は珍しいかも(笑)
 
学生時代では球技や陸上以外の選択肢があまりありませんが、スポーツもいろいろあります
苦手なことを克服するより、自分の好きな事、得意な事を見つける方が楽しいです
 
最近読んだ本にもあった言葉で「良い面、得意な面を伸ばす」
学校教育を含め苦手を克服し底上げする教育や考え方が多い
それより得意な面をさらに伸ばす方が効果が大きいというのがありました
 
遊びも仕事も欠点に注目するのではなく得意な面に注目する方が楽しいですね
follow us in feedly