読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

腕時計をつけなくなって1年

考え方

f:id:freedomkazu:20151106101726j:plain

 

腕時計をつけなくなって1年になります

写真は以前つけていたGIEZ
 
昨年の夏、汗で腕時計がうっとおしく外して以来そのままつけなくなりました
何故今までつけていたか、習慣ですね
外してしまえば手元スッキリ
時間の確認はiPhoneで事足りる
またはいたるところに時計はある
そう、腕時計の機能、時間を確認するという必要性はないのです
 

つける理由は時間を確認する必要性より、ファッションやステータスが多いのではないでしょうか

私の場合、習慣ですね
今までつけていたからつける
もう20年も前の話になりますが、一緒に飲んだ女性が腕時計をつけていない
私の感覚では珍しいので聞いてみると、「携帯電話があるでしょう」ときっぱり
しかも「どこにでも時計はあるし」
これを思い出す
私もやっとこの事が理解できたというか、実感しています、今更
当時は理解できなかった
 

Apple Watchは必要ない

Apple大好き、Apple信者ですが(笑)
Apple Watchは要らない
腕時計もしなくなった
電話を含め、メール、LINE等、通知が頻繁だと煩わしい
それをもっと通知に縛られるのがApple Watch
iPhoneなら置いておけば済むが、腕につけていたら常に通知に縛られる
Androidをを含め腕時計型端末はあまり売れていないようです
上記の理由以外にも、画面が小さい、機能が限られる、バッテリーの充電が毎日で腕時計と違う
使いこなしている人や、便利に使っている人もいると思います
しかし上記のように使うメリットがほとんどないのが一般的ではないでしょうか
 
話はそれましたが、腕時計をつけなくなって1年
何も不便なことはない、むしろスッキリ
元々アクセサリーをつけるタイプではない
ネックレス、指輪、ブレスレット等
腕時計もアクセサリーの一つ
 
習慣とは面白いもので、何も疑わず考えなければ続けてしまう
しかし何かのきっかけで習慣をやめてみると全然必要なかったりする
他にもこういう習慣があるのかもしれません
follow us in feedly