読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

海はやっぱり気持ちいい〜

海外旅行

f:id:freedomkazu:20151006071835j:plain

 

久しぶりに海上に出た、ボートに乗って


海は気持ちいい〜
 
バリ島5泊6日の5日目にマリンスポーツをやるため電話
これは空港に到着後、通路にある無料ガイドの日本語版とマップを数種類とっていた
この日本語のツアーカタログを見て電話
謳い文句通り日本語出来て普通に会話でマリンスポーツを予約
朝の電話で当日の午後で可能か聞いたらOK
良かった
お昼の12時ピックアップ
パラセーリングとウェイクボード
 
予定より早く11:35ロビーに到着の電話
ホテルからバイクで50分、長かった
 
12:22ビーチに到着
jalan segara lor 19, tanjung benoa, Bali 80363,
 Google Maps←地図に飛びます

f:id:freedomkazu:20151006072016j:plain

 
パラセーリング、体験ダイビング、ウェイクボードをチョイス
3種合計$120
こういうレジャー系の経営者は白人が多いのでドル表示
支払いはインドネシアルピア、日本円でも可能
 
着替、鍵付きのロッカーも有ります
 

まず最初はパラセーリング

送迎ボートで沖にいるパラセーリング用ボートに乗換え
 
実質3分位だが十分満喫
飛ぶよりも景色を楽しむ感じ
島の形やビーチの石積みの入江などが良く見えた
高さ20-30mからの景色は普通では見ることの出来ない絶景です
遠くを見てる分には絶景ですが、真下を見ると高さを感じ怖い
遠くを見るのが良いです(笑)
こういう時にGoProが有ると良かった思う
(スカイダイビングの時にも有ると良いなと思った)
4人組の白人の女性親子と送迎ボートが一緒だったのですが親と思われるご婦人が笑い上戸で愉快な人
こういう自然に楽しい感じって白人の良さなんだよな〜
羨ましい
その子供の1人がGoPro持ってました
終わってまたお迎えボートで一旦ビーチに戻る
 
13:47戻って休憩

f:id:freedomkazu:20151006072202j:plain

f:id:freedomkazu:20151006072215j:plain

 

次が体験ダイビング

昔やっていたのですが冷静に考えたらブランク17年
そんなに前の事なんだな〜と思う
体験なので本格的なダイビングポイントに行くわけではありません
5分位の近い場所
水深は3-5mで浮力調整や耳抜きも、ほとんど必要の無い深さ
餌付けで魚を目の前で鑑賞できました
定番のクマノミも見れました
あとの魚の名前忘れた、全然思い出せ無い昔すぎて(笑)
トラフグもいました
ウツボの小さいのも
時間にして15-20分
浮遊感も味わえた
これは浮きも沈みもしない浮力を保てると水の中が空を飛んでいるような感覚になるんです
 
14:53ビーチに戻る

f:id:freedomkazu:20151006072240j:plain

 

最後がウェイクボード

それぞれのプロがいて担当が変わります
ウェイクボードの担当、名前がボロン
胸にカタカナで「ボロン」とタトゥーが入ってる
わかりやすい(笑)
日本語ペラペラで陽気で気さくなタイプ
 
沖に出て最初にボロンが手本を見せる
さてウェイクボード履いて海へ
1本目は水圧に耐えられずロープを離し駄目
2本目は起き上がったと同時に前に倒れ駄目
3本目で立てたが直ぐに倒れる
4本目でロングを1本、5分位は走れました
しかし足と手が限界で終了
足のスネと腕がパンパン
何でも共通で、下手だと無駄に力が入るので直ぐに疲れる
帰りはボロンがボートを操縦し、もう1人と交代
この人がめちゃ上手い
 
ビーチに戻る

f:id:freedomkazu:20151006072312j:plain

 
15:42シャワー、着替えて食事
インドネシア風焼きそばがサービスでした
 
フライボードもありました
ノズルから水を噴射し空中飛行ができるあれです
これはセンス無さそうなのでやってません(笑)
 
ツアーガイドが待っていてくれてます
これからまたホテルまで帰るのですから
このツアーガイドの提案に乗っかり、翌日の観光を頼むの事にした
翌日がチェックアウトし夕方の飛行機
チェックアウト後時間が余るので丁度良かった
人柄も良かったので、これが大きいかな
もう一つの現地旅行会社もあった
こっちの旅行会社を選び、たまたま担当になったのも何かの縁
 
昨日の記事、デビ夫人知ってますかにつながるのです
 
follow us in feedly