読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

私がクレジットカードを使う理由

買ってよかった、お薦め クレジットカード

f:id:freedomkazu:20151003144230j:plain

 

私がクレジットカードを使う理由は

 

クレジットカードはポイント還元率が1%以上
これが最大の理由
 
今や銀行の利息は0.00何%の時代
これは現金を預けていての話し
クレジットカードは簡単に言うと借金
お金を借りてポイント(利息以上)がもらえる
 
クレジットカードを別の言い方をすると個人の月極支払い
1ヶ月分を(支払日のタイミングによりますが)約2ヶ月借りて支払う
購入時のお店への支払いはクレジットカード会社が立て替えて支払う
ではこの手数料(金利)は誰が払っているか
これはクレジットカードを契約しているお店が支払っている
 

現在では

日本もやっとクレジットカード登録のお店が一般的になり一部の飲食店を除き使用できるようになりました
例にあげると牛丼屋、ラーメン屋等の飲食店を除けばほぼ使えます
公共料金等もほぼクレジットカード払いに対応しています
私の市では上下水道は不可
 

お店のメリットは

これはお店側がお客様の支払いの選択肢として、現金以外にクレジットカードやプリペイドカード(電子マネー)等を用意し購入の利便性を高める事が一般的になったため
つまり企業はクレジットカード手数料も商品価格に盛り込み済みという事です
 
これができないほどの低価格が売りのお店や個人経営店が採用していないのはそのため
 
上記を整理するとクレジットカードはお金を借りているのにポイントで利息が付いているのと同じ恩恵を受けられる
 

ここで重要なのはポイントの交換方法

ポイントの交換が商品ではなく、現金もしくは現金に相当すものに交換できなければ意味がない

商品では要らないものに交換する事が多くメリットにならない
ポイントを商品購入に使えるもあるが、本当に必要なものであれば良いがポイント消費の為に購入するのではあまり意味がない
 
銀行はお金を預けても(貸す)利息が1%も付かないというのに
これが私がクレジットカードを使う理由
 

ここで注意しなければいけないのがリボ払い

これは決められた支払日の全額支払いでは無く、定額で支払ういわば定額ローンをわかりにくくリボ払いと呼んでいる
これにすると個人で金利を支払う事になります
 

それともう1点

クレジットカードを使う事で、高価な商品を衝動買いしてしまう人もクレジットカードに向きません
 
クレジットカード支払いにしても現金と購入感覚が同じでないといけません
これが一番重要です
 
購入時に現金は無ければ買えませんが、クレジットカードは借金なのでその限度額までいくらでも購入できてしまいます
これがクレジットカード会社のもう一つの収入源でこれによりリボ払いに移行を勧め金利を稼ぐ
私はリボ払いを使いません
 
もう一つが急に必要な現金の為の便利なキャッシング
これも便利ですが借金ですので金利が付きます
これも一つの収入源
私のクレジットカードは基本キャッシング限度額0円に設定しています
これは万が一の紛失やセキュリティの観点からキャッシングできないようにしています
 
もちろん年会費無料が前提です
 

そこで私が実際に所持しているクレジットカード

メインカード
REXカード(JACCSカード)
ポイント還元率1.5%(今年の12月から変更になりす。現在は1.7%)
Jデポというシステムで1500ポイントを¥1500、請求額から差し引いて請求
つまり実質現金還元です
年会費は条件付きで無料
初年度年会費は無料
翌年度は前年度使用額が50万以上で無料(メインカードにすると年間約120万にはなるので私は楽々条件クリアになります)
未満は2700円
海外旅行保険は自動付帯
 
従来はSBIカードPLUSを使用しておりポイント還元率1.7%でした
ポイントはSBI銀行口座に現金振り込み
しかしサービス終了により勧められたSBIカードで還元率1.2%を使用
こちらもポイントの改悪や年会費有料に伴い解約
現在はREXカードをメインで使用しています
残念な事に良いカードはサービス終了やサービス内容の改悪がありますので
永く使えないのがネックなのです
 

ポイント以外のメリット

・買い物の支払いが早く、小銭をもらわない
・請求書が使用履歴なので家計簿としても使用できる
 REXカード(JACCSカード)は家計簿として集計できるようWEB上でジャンル分け可能
・請求書はPDFでダウンロード可能
・海外旅行保険の自動付帯
 これで私は海外旅行時に保険に加入した事はありません
・海外旅行時の買い物にも使える
 

プリペイドカード(電子マネー)

これはクレジットカードとは正反対のものです
使用していないのにお金を先払いする
先払いした残高を使っていき、なくなったらチャージ
古くは公衆電話時代のテレホンカードと同じ
これはお店側にかなり有利なシステム
購入もしていないのに事前にお金を集めるシステム
消費者も現金不要や小銭をもらわないメリットがある
チャージ型なのでクレジットカードのように使いすぎがない
最後のこれがかなり重要な事と思います
 
私は購入の自己管理ができるのでプリペイドカードは一切使っていません
クレジットカードのみ
 
万人に勧められるものではありません
しかしこのような方法もあるとの参考にしてください
このように世の中のシステムは矛盾しています
かつその先に罠というか意図があります(リボ払いやキャッシング)
しかしそのリスクを把握し上手く使えば恩恵のみが享受できます
お金の使用は計画的に自己責任で
follow us in feedly