読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

何も知らないを知る

海外旅行 チャレンジ

f:id:freedomkazu:20151002112026j:plain

 

バリ島に来て思う

 

世の中の何も知らない
 
自分ではいろいろ知っているつもり
しかし世の中には自分の知らない事は沢山ある
(誰も世の中の全てを知る事は一生かけても不可能)
バリ島、こんなに素敵な素晴らしいところがあったのかと思う
ハワイに負けないアジア屈指のビーチリゾート
ハワイは行った事無いのですが(笑)
人とは同じ事をするのが嫌いな、あまのじゃくな性格でして
日本人がいっぱい居ると聞いただけで行きたくない
海外旅行に行くと日本人が居ないと嬉しい、海外に来てるのですから
このバリ島ではまだ日本人には会っていません
 

キャンプもそうだった

人が居ないと嬉しい
それをわざわざ隣にテントをたてる輩もいる、意味不明
広大なキャンプ場で、いくらでも場所が空いているというのに
キャンプは自然の中で静かに自分達だけの贅沢な時間を過ごす
これが私の楽しみでした
 
話がそれましたがバリ島には一昨日の夕方に着き、今日で3日目
到着当日、ホテルに移動のタクシーの中から街並みを見て
到着したホテルを見て
昨日の朝食後、4F屋上のプールサイドテラスで過ごし泳いでみて
2日目お昼の時点で既にこの島が気に入っていた
 

今回の旅行はシンガポールとバリ島が初

やはり知らない事は多い
知らない事を知り、それが好きではないこと、気に入らない事、外れ、失敗、いろいろある
しかし、自分にぴったりの何かに巡り合える事もある
 
「人生は冒険」
 
新しい事にチャレンジしてみなければ、得られないものは沢山ある
そこにたどり着くまでの失敗は沢山ある
それを避けて都合良く、自分にとっての当たりだけには巡り合うことはできない
 

既に2日目の昨日、バリ島の東京発の最安ルートを探している

飛行機の調べた結果は下記の通り
成田を調べるがLCCは無い
LCCはHND−KULが最安で片道約3万
エアアジアKLU-DPSが片道荷物込で約1万
格安航空券(往復)NRT−KUL JL¥63000、これならLCCを使うメリットは無い
成田からはバリ島直行便が有りNRT−DPS ¥68000、ガルーダインドネシア航空
これが11月11日発の仮日で比較した結果
格安航空券、成田発、ガルーダインドネシアがベスト
 

必ずまた来る、来たいと思わせる魅力がある

これは私の主観で、他の人が必ずそうとは限りません
そう思わせるものは、今回のように場所には限らず、ものであったり、人であったりいろいろあると思います
 
それに出会うには新しい事にチャレンジするしかない
 
「人生は冒険」大好きな言葉
 
これは映画フックのラストシーンにピーターがウェンディに言うセリフ
この映画を久々に観たブログ記事
 
同じ初めてでもシンガポールとは違った感じ方です
シンガポールは小さな都市国家、ビジネスの街
一方バリ島は世界屈指のビーチリゾート地
(日本で言えば沖縄。世界から見て日本でも東京と沖縄は違うようにインドネシアと言ってもジャカルタとバリ島は違います)
感じ方は違って当たり前ですね
 

今回の周遊旅行のメリット

 
運賃=距離だという事
 
日本から遠い場所にある1つの国に来たら、そこまでは高い
しかし、そこからお隣の国は近いので安いということ
今回の旅行は実験的に5都市も周遊しましたが、プラス1都市もしくは2都市くらいが日程に余裕があれば安くすみます
これを別の日程でそれぞれ行くと遠い運賃をその都度払うことになりますから
 
実は既に今回の周遊とは別の旅行プランを企んでいます
 
それは美しい島巡り
 
インドネシア、マレーシア、タイと美しい小さな島が沢山有ります
バリ島はその第一段
 
滞在中のホテル屋上プールから写真3枚 

f:id:freedomkazu:20151002114257j:plain

f:id:freedomkazu:20151002114443j:plain

f:id:freedomkazu:20151002114459j:plain

follow us in feedly