読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

自己投資でオーダースーツ作っちゃいました

チャレンジ

f:id:freedomkazu:20150811120536g:plain

 

自己投資の一つとして見た目に投資

高級スーツを検討。
 
いろいろ調べました。
最上級はブランドのオーダスーツは70万円!これはもちろん無理(笑)
ブランドも良いが、やはりオーダーが良い。
ブランドでは無く、良い生地、好みのデザインを選べ作れる。
どこでオーダー作れるか調べたらOSVという行ける距離のショップがあった。
ネットで写真を見ているだけでもワクワクする。
こんなのを着たらそりゃーもう気も引き締まり全然違うと思う。
今まで高級スーツを買おうなんて考えもしなかった。
成人式でオーダースーツを作って以来。
やはり見た目、形って大事。
良い物はやはり気分の高揚が全然違う。
スマホ、PCをAppleを選ぶのと似ている。
サラリーマン続けてたら高級スーツなんて考えもしなかっただろうなー。
スーツを買うと、靴、シャツ、ネクタイとコーディネートしなきゃ。
 

別の目的で買い物に

後日、スーツではない私服を買うためにショッピングモールに行きました。
そこでスーツがあったのでどんなのが良いか下見的に見てたら、店員に声かけれれてオーダーも出来ますよ。
今日はスーツじゃなくて私服を買いに来たんだけどと思いつつも、良いきっかけと思い結果そこでオーダースーツ作っちゃいました。
生地色は今迄と違うあえて明る目のグレー(持ってるのは全てダーク系)
スタイルは大きく分けると3種。
イギリススタイルのスリムフィット。
イタリアンスタイル。
ゆったり目のアメリカンスタイル。
これはネットで調べて学びました。
ここではこういう表現ではないがやはり3種。
スリムは除外。
スタイルを選ぶ為に既製品を試着
少しゆったりか、ゆったりかで、少しゆったりが丁度良い。
袖の長さ、裾の長さも好みを選べる。
あまり考えたこともなく迷いましやがどちらも短めにした。
袖のボタンをダミーではなく切り開きの本物にする。
(意識してなかったけど既製品はボタンはかけてないダミーで付いてるだけ)
ボタン、ボタンをかける側の糸の色、襟のステッチの糸の色、裏地のの生地、背抜きかどうか、ベントがサイドかセンター、襟裏の生地、脇下肘の裏地にストレッチ素材を使うか、覚えているだけでもこれだけある。
いやー自分好みでカスタマイズできるのはめちゃ楽しい。
完成がワクワク楽しみ。
 

意外に安く作れました

オーダスーツはいろいろ調べた結果、予算10万円以上を考えていたのですが季節の変わり目のオフセール中もありワイシャツ3枚買って合計8万円なり。
思ったより安く作れた。
出来上がり2週間位で旅行中に完成なので受け取りは帰国後。
 
「人は、その制服どおりの人間になる」ナポレオン・ボナパルト
 
これは有名な言葉で最近読んだ本でこの言葉が引用されていました。
読んだ本ではこの言葉を引用してオーダスーツを勧めてました。
ネットでも調べたら、自分の年齢が40代、オーダスーツを持っていてもおかしくない年代。
自分の解釈ではそれを作ることが自分の価値を認める事
逆に言うと、安物の既製品では自分を低く評価している事になるのです。
この事は一点豪華主義で書いてます。
follow us in feedly