読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由人kazu’s diary

何でもとりあえずやってみる

follow us in feedly

施しを初めてしたら素晴らし事が起きた

チャレンジ

f:id:freedomkazu:20150810105628j:plain

今、長期の海外旅行中。
初めて施しをした。
 
電車に乗るのに駅に向かうと路上に物乞いの母親と幼い子が居たのでコイン2枚の施しをした。
こちらがカップにコインを入れようとするなり、頭を深々と何度も下げた。
人に感謝されるのがこんなに嬉しいとは思わなかった。涙が出た。
カップを見るとコインが1枚だけでした。
それだけほとんどの人は無関心。
以前の自分もそうでした。
その人は今日の夕方迄、何人もの人に無関心に扱われ余程嬉しかったのでしょう。
 
クララとペーターのおばあさんと同じでした。
先月久しぶりにハイジを見たばかりでした。
 
クララは足が悪いのでまわりの人がクララに何でもしてくれる。
わがままなお嬢様でした。
クララはハイジの居るアルムの山に行くことができた。
ある日、ハイジの誘いで目の悪いおばあさんに本を読みに行く。
ハイジは字をおぼえたばかりで本を読むのはまだ上手くない。
クララの朗読が上手い事を知っていたのでおばあさんに読んで欲しいと誘ったのです。
クララは普通に朗読をしただけですが、おばあさんはクララの朗読を聴き目の前が明るくなったと大変喜んだ。(読んだ本は聖書)
おばあさんはクララにありがとうございますと何度も何度も感謝の言葉を伝える。
クララはその時、生まれて初めて人の役に立つことができのです。
それがどんなに素晴らしいことかを初めて知ったのです。
そしてクララもおばあさんにありがとうございますと心から感謝しました。
おばあさんは何故感謝されたのかわからず戸惑いますが。
 
こちらはコインの1、2枚あってもなくても何の問題もないお金。
それをあげただけですが、相手にとっては親子でその日の食事ができるかの貴重なお金。
 
今迄と変えると心に決め、2ヶ月前から自分の行動をいろいろ変えてきた。
コインをあげるというたったこれだけの行為で相手に心から感謝され、自分も涙が出るほど嬉しい気持ちになる。
今迄何故見て見ぬ振り、無関心だったのかと後悔するくらいの出来事でした。
follow us in feedly